協議離婚前の別居について

離婚を考える夫婦が別居をするのは、ベストな方法とまでは言わないものの、良い考えでしょう。

離婚するかどうか迷っている人にとっては、一人になってみて、相手が本当に必要な存在かどうかを考え、決断するいい機会になります。

また、心の中でほぼ離婚が決まっている上で別居する場合においても有効な方法で、今後の生活のシミュレーションになるでしょう。

中には、お互い離婚したいと気持ちは決まっているが両親の反対が強くてできない、という夫婦が、親を納得させるために別居という過程をあえて踏んだ、という人もあります。

このように、決断を迷っている人にとっても、決断が決まっている人にとっても、別居は効果的な手段といえます。

理由はどうあれ、二人一緒にいることが苦痛になっているのなら、一度離れてゆっくりと相手についても自分についても考え直してみるのもいいでしょう。一緒にいては気づかなかったこと、話し合いでは解決できなかったことの答えが、案外すんなりと導き出されます。

女性の場合、こういうとき、実家に帰る人が多いでしょうが、もしできるようなら、一人で過ごしてみてください。

常に誰かと生活していた人が一人になると、普通以上に孤独を感じてしまいます。そんな孤独を感じるときに、パートナーに傍にいてほしいと思うか、そんなときでさえ顔を見るのもうんざりだと思うのか、自分に聞いてみてください。答えは自然と見つかるはずです。

私の離婚体験談
離婚したいと思う時とは 離婚前の話し合い 協議離婚を決断してから まとめ−離婚の体験談−離婚は人を強くする  
協議離婚の知識
協議離婚の理由 恋愛から結婚へ 若年離婚、熟年離婚も理由は似ている 周囲の人への相談 離婚に対する家族の反対  
このサイトについて
相互リンク集1 相互リンク集2 相互リンク集3 相互リンク集4 相互リンク集5