二人のお金、財産の分け方〜協議離婚のアドバイス〜

協議離婚の場合、お金については必ずこうしなければならない、という決まりは特にありませんが、一般的にこうするのが望ましいのでは、という方法を体験を通して書きたいと思います。

慰謝料の有無に関係なく、まず二人で貯めた貯金がある場合は、平等に折半します。

持ち物は、二人で使っているものは話し合いで分けますが、おおよその価格が半々ぐらいになるようにするともめずに済むでしょう。

どちらか一方が結婚するにあたって持ってきたものは、持ってきた方が引き取ります。

どちらかの両親が購入してくれたものは、その子供が引き取るのが良いです。

また、家具など二人で購入した持ち物だが、例えば妻が実家に帰るなどで持ち物を全て置いていきたいというような場合には、夫がほんの少しお金を上乗せして分与してあげましょう。購入時の半額ぐらいが目安です。

もちろん、この通りでなくてもかまいませんが、最も常識的な方法としての提案です。

ちなみに、借金がある場合は、当然ながらその借金を作った方が負います。二人で負った借金は折半、あるいは借金の事情、収入の差などに応じて話し合いで金額を決定していきましょう。

このようにお金やその他の財産はきちんと折半し、慰謝料が発生する場合は財産分与をしてからにしましょう。分ける際に慰謝料のことまで考えに入れるとややこしくなってしまいます。

しかし財産分与をしてもなお、慰謝料の支払いに差し障りがある、もしくは離婚後の生活に差し支えそうだという場合は、他の財産によって代替えにする、月々いくらと決めて支払いをしていく、などの方法を取りましょう。

私の離婚体験談
離婚したいと思う時とは 離婚前の話し合い 協議離婚を決断してから まとめ−離婚の体験談−離婚は人を強くする  
協議離婚の知識
協議離婚の理由 恋愛から結婚へ 若年離婚、熟年離婚も理由は似ている 周囲の人への相談 離婚に対する家族の反対  
このサイトについて
相互リンク集1 相互リンク集2 相互リンク集3 相互リンク集4 相互リンク集5