慰謝料・養育費はどうなる〜協議離婚のアドバイス〜

協議離婚の場合でも、慰謝料は関係してきます。

どちらにも非がある場合は財産の折半のみですが、どちらかに非がある、もしくはどちらかの非がやや大きい場合に、慰謝料が発生します。

一番ベストなパターンは、請求されずとも非がある側が相応の金額を提示し、支払うというパターンです。

よほど大きな離婚原因が相手にある場合でなければ、協議離婚の場合、非がある側の提示した金額をそのまま受け入れることが多いでしょう。

財産は折半している上に、お金なんかなくても早く離婚したい、と考えている場合も少なくはないためです。

養育費については、確実に支払いをしてもらえるように必ず文書にしてください。このとき、個人同士の合意書にしてもかまいませんが、あまりお勧めはできません。合意書の場合は、裁判を起こさないと、養育費の支払いを滞った場合に他の財産などの差し押さえができないのです。必ず公正証書にしておきます。

こうしておくと、相手が支払いの約束を破ったとき、強制的に差し押さえを執行することができます。

慰謝料や養育費は、女性や子供が生活していくために必要な、大切なお金です。どれだけ憎い相手で支払いなどしたくない、という感情があったとしても、社会的責任として確実に支払いを行うようにしましょう。

私の離婚体験談
離婚したいと思う時とは 離婚前の話し合い 協議離婚を決断してから まとめ−離婚の体験談−離婚は人を強くする  
協議離婚の知識
協議離婚の理由 恋愛から結婚へ 若年離婚、熟年離婚も理由は似ている 周囲の人への相談 離婚に対する家族の反対  
このサイトについて
相互リンク集1 相互リンク集2 相互リンク集3 相互リンク集4 相互リンク集5