協議離婚以外の離婚方法

離婚にはいくつかの方法があり、最も多いのは協議離婚で、夫婦間の話し合いのみで決められるものです。


協議離婚が成立しなかった場合に、次の段階として離婚調停となり、家庭裁判所に申し立てをします。

この段階では、夫婦間に合意がなくてもかまいません。離婚調停は決して離婚を決定するものではなく、出来る限り関係を修復させるために行うものだからです。

しかし調停によって両者の合意がなされ、調停調書が作成された場合には役所に離婚届を提出し、成立します。


離婚調停が成立しなかった場合には、家庭裁判所の審判という手段があります。

これは調停とは違って家庭裁判所が判決すれば強制的に離婚を成立させることができますが、審判に不服がある場合、異議申し立てによって効力を無くすことができてしまいます。そのため、審判が出されることはまれです。


最終手段として、裁判離婚があります。

いずれの方法でも離婚成立ができなかった場合の、法的に効力を持った最終決定となります。

夫婦のどちらかが訴訟を起こし、原告が勝訴すれば成立します。

このときには、法定離婚原因というものが必要になります。

浮気などの不貞行為
同居を拒む
生活費を渡さない
などの悪意による遺棄
三年以上の生死不明
強度の精神病、その他暴力など重大な事由

以上五つの原因が裁判離婚での勝訴につながりますが、これらの理由があったとしても確実に成立できるわけではありません。

できることなら協議による離婚を心がけたほうが、精神的にも費用などの面でもずいぶんと楽になります。

私の離婚体験談
離婚したいと思う時とは 離婚前の話し合い 協議離婚を決断してから まとめ−離婚の体験談−離婚は人を強くする  
協議離婚の知識
協議離婚の理由 恋愛から結婚へ 若年離婚、熟年離婚も理由は似ている 周囲の人への相談 離婚に対する家族の反対  
このサイトについて
相互リンク集1 相互リンク集2 相互リンク集3 相互リンク集4 相互リンク集5