周囲の人への相談

離婚しようかどうか決断をするとき、おそらく家族や親しい周囲の人たちに相談することと思います。

相談する相手によっては、絶対離婚なんてしないほうがいい、したいならするべき、と賛否両論が唱えられるでしょう。

どちらの意見が正しいとか、どんな人に相談するのがいいとか、ここではそういったことを言うつもりはありません。

ただ、ここで一つだけ言いたいことは、「結局は自分一人の決断」だということです。

どれだけ家族や親しい人たち全員が「すべきでない」と言っても、あなたの気持ちが決まっているのなら、決断は避けられないでしょう。

また「するな」と言われ続けることがストレスになって、かえって離婚を早めてしまうことも考えられます。

相談をすることで多くの価値観に触れることはできるでしょうが、それはあなたと同じ価値観とは限りません。例え離婚経験者に相談したとしても、結論が同じだけで、理由や過程は人それぞれ、似ているようであって決して同じではありません。

あくまで周囲の意見は参考の一つとして捉え、自分一人でじっくりと考える時間を取るのが賢明です。

おそらくは、相談した時点で自分なりの決断はあるはずなのです。

人は弱いもので、誰かが背中を押してくれないと、決断に向かって働きかけることができなかったりします。自分が満足できる結果に向かうためにも、今後の自信につなげるためにも、自分を信じて結論を出すのが一番だと私は思います。

私の離婚体験談
離婚したいと思う時とは 離婚前の話し合い 協議離婚を決断してから まとめ−離婚の体験談−離婚は人を強くする  
協議離婚の知識
協議離婚の理由 恋愛から結婚へ 若年離婚、熟年離婚も理由は似ている 周囲の人への相談 離婚に対する家族の反対  
このサイトについて
相互リンク集1 相互リンク集2 相互リンク集3 相互リンク集4 相互リンク集5